i-Construction

2019(平成H31)年02月04日_平成30年度 元町地区災害復旧工事

 本工事では、施工プロセス毎に(床堀→埋戻し→法面整形)3次元設計データを作成し、施工することで丁張りを設置することなく安全かつ迅速に作業を、完了させることが出来ました。

02_(H31.02.04) 平成30年度 元町地区災害復旧工事_MOTO3.png


 また、安全管理や資材の整理場所等をCIMを用いて作業員に説明することで 作業の見える化を図り、安全かつ清潔な現場環境作りを行いました。

03_(H31.02.04) 平成30年度 元町地区災害復旧工事_MOTO2.png

04_(H31.02.04) 平成30年度 元町地区災害復旧工事_MOTO5.png05_(H31.02.04) 平成30年度 元町地区災害復旧工事_MOTO4.png